婚約指輪って、何故、そんなにお値段が高いの…?

そもそも婚約指輪を贈る由来


婚約指輪の相場は「給料の3ヶ月分」とはよく聞きますが、実際は約30万円ほど。ファッションリングと比べてなぜこんなにも高いのか不思議ですよね。
婚約指輪が高価な理由を知る前に、そもそも婚約指輪を贈る由来を知ってみましょう。婚約指輪の歴史は長く、古代ローマの時代に「家事全般を取り仕切るための権利を認めます」という意味で男性から指輪を贈られるようになりました。そしてその後15世紀になって婚約指輪と結婚指輪が区別されるようになり、王家の婚約のときに交わされたのが婚約指輪の始まりです。
婚約指輪を高価なものにする理由としては、男性の「もし自分が死んでしまっても、この指輪をお金に換えて生きて欲しい」という願いに由来します。平和な現代では想像もつきませんが、戦のあった時代の男性のとても深い愛の形だったんですね。

現代の婚約指輪が高い理由


婚約指輪の由来がわかったところで、現代において婚約指輪が高い理由についてです。その理由は、ダイヤや誕生石などの宝石を使用しているからです。とっても単純ですね。結婚指輪と違い、結婚後は日常使いすることの少ない婚約指輪は、見栄えの良いものを選びがち。宝石をつけない結婚指輪もある中、大きめな宝石を使用している分、必然的に結婚指輪よりも価格が高くなります。
また婚約指輪で選ばれる宝石の中でもいちばん人気なダイヤモンドには4C(カット・クラリティ・カラット・カラー)と呼ばれるグレードがあります。婚約指輪選びはダイヤモンド選びと言っても過言ではないくらいです。
ダイヤモンドの価値は世界共通で定められており、その価値は安定的に保障されています。しかし、ダイヤの定価はブランドごとに自由に決められるため、実質的な価値は同等でも販売される価格が大きく異なるというケースが多く生まれているのです。

婚約指輪が高いのは宝石が使われているからという単純なことですが、大切なのはおふたりの価値観です。高いものを贈ればいいというわけでもありません。贈る相手が喜んでくれることをいちばんに考えて婚約指輪を選びましょう。

横浜駅周辺には様々な商業施設があり、宝飾品店も数多くあります。そのため、婚約指輪を横浜で探すなら、横浜駅周辺で探すのがおすすめです。