実録!婚約指輪を購入したカップルの割合は?!

事前に購入は約30パーセント弱!


プロポーズと言えば、指輪の箱をパカッと開けるシチュエーションをドラマなどでもよく観ますよね。そのため、プロポーズの際に婚約指輪を渡されるシチュエーションに憧れている女性も多いはず…。しかし、実際にプロポーズのときに指輪を贈る割合はなんと30パーセント弱なんだとか。
意外と少ないと思いませんか?婚約指輪と言っても、そのデザインはさまざま。ダイヤの大きさや形、リングの色やサイズなど、女性の好みをしっかり把握しておかなければいけないことが、男性へのハードルを上げているようです。婚約指輪は決して安いものではありません。そのため、せっかく準備して購入した指輪が、保管されっぱなしになってしまうことは寂しいですね。

意外と多い!ふたりで婚約指輪を購入


意外と多いのは、婚約指輪をふたりで選びに行き、購入したというカップルです。その割合は約65パーセント以上。婚約指輪を準備したカップルの、半分以上がふたりで購入しているのですね。
プロポーズを受けたあと、ふたりで婚約指輪を選びに行く。というカップルが増えているそうです。女性に選んでもらうことで、デザインにはずれがないので安心ですよね。女性の納得したデザインなので、その後の結婚指輪と重ね付けするなど、永く愛用してもらえますね。男性はプロポーズのときは花束などちょっとしたプレゼントを用意し、後日ふたりで選びに行くといいかもしれません。婚約指輪の購入を考えているカップルは、参考にしてみてはいかがでしょうか。

婚約指輪を銀座でオーダーをする際には、それぞれの店舗の価格相場やスタッフの経験にこだわることがポイントです。