婚約指輪は普段使いするもの?大切に保管しておくもの?

TPOに合わせて、着けるのがおすすめです。


結婚する際に、婚約指輪と結婚指輪を準備しますが、意外にその違いが分かっていないカップルが多かったりするものです。基本的に、男性から女性へプレゼントとして贈るのが婚約指輪、二人の愛の証として、日常使い用に購入するのが結婚指輪です。プレゼントとして見栄えのよいものを選ぶので、必然的に婚約指輪はお値段も張りますし、デザインも豪華なものとなります。昔から人気の王道デザインと言えば一粒立て爪ダイヤモンドがキラリと輝くものが人気です。
普段使いしますと、ダイヤモンドが濡れたり引っ掛かったりして汚れや傷の原因となります。また、手を洗う時に外したまま、うっかり忘れてしまった、なんて可能性もあります。日常的に婚約指輪を身につける、というよりは、冠婚葬祭やお出掛けの時、イベントの時、など、少し特別なシーンの時に身に着けるのがいいかもしれません。

それでも着けたい婚約指輪。重ね付けを楽しもう


日常使いはなかなか難しい、と思っても、やはりいつでも着けたくなるのが乙女心です。そこで、デイリー使いできるように、今人気の重ね付けをすることを念頭に、婚約指輪を選ぶという方法もあります。婚約指輪と結婚指輪を2本重ねて着ける、重ね付け。1本よりも華やかな印象に見えて、さらに気分に合わせて上下を入れ替えたりとアレンジが効きます。重ね付けに向いている婚約指輪のデザインとしては、ダイヤモンドがアームをぐるりと一周しているエタニティリングや、小さなダイヤモンドを敷き詰めたパヴェタイプのリングなどが向いています。もちろんエタニティリングやパヴェタイプのリングを1本だけ着けることも可能です。
気分やシーン、着ける場所などに合わせて楽しみましょう。

結婚指輪を銀座で選ぼうをするカップルは決して珍しくありませんが、各店舗の定番商品の販売価格やメンテナンスの必要性などを確認することが重要です。